日刊 青年部 やろてば篇

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12
 
皆さんこんにちは
サイフクの斉藤です。

五泉の組合規定では、今日からお盆休み
帰省されたりする方は、田舎のおじいさん、おばあさんと、
思い出話をする機会もあるのではないでしょうか。

今回のお題はそんな時期にピッタリの「一番古い記憶」
みんな苦戦中ですねえ

かく言う私も、一番古い記憶は曖昧です。
昔の思い出は、その時の匂いや音、暑さ寒さまでハッキリ印象に残っているものだったり、
おぼろげに「こんなことがあったような…」と一番面だけ浮かぶようなものだったりと、
さまざまにありますが、どれが一番古かったのかといわれると、
実際のところ良く分かりません。

本当に小さな頃は、今よりも時間に縛られていなかったせいか、
時系列で物事を把握していなかったように思います。

さらに昔のアルバムを眺めたり、
親や親戚から、「こんなことがあったよね」なんて、
追加エピソードをいっぱい聞かされたりすると、
もう思い出の順番なんて、何がなにやら分からなくなってしまいます

幼稚園くらいになると、季節のイベントやその時の友達・先生が誰だったで
ようやく思い返したときに、いつ頃の記憶なのかアタリが付けられるようになるのですが…

そう考えると、古い記憶はその中に時間を示す手がかりがないと、
本当にそれが一番古いのかは判断が付かないですよね。

世の中にはウソかホントか、
生まれたときの手術室の記憶がある人もいるそうですが、
本当にすごいのは、その記憶が手術室のものであると
気付けたことなのかもしれません。


というわけで、何が一番古い記憶かは判然としないのですが、
たぶんこれかなーというのは、自宅の居間で遊んでいる記憶です。
誰がいて、何をして~なんて細かいところは分からないのですが、
そこにいて笑ってたということだけは、なぜか覚えています。

青年部メンバーの某フォルツの倅のとこにも
幼児のころから遊びに行ったりしてるはずなのですが、
あれは一体いつの話だったのか…


さてさて思い出を振り返り、過去から学ぶことは必要ですが、
青年部はまだまだ若いのです。
後ろばかり向いてもいられません。
今はニット製造も繁忙期、今日も元気に行きましょう。

未来に向かって、やろてば!!

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://yaroteba.blog76.fc2.com/tb.php/148-a8c0af82
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

アクセスカウンター

プロフィール

五泉ニット組合青年部

Author:五泉ニット組合青年部

新潟県五泉ニット組合青年部によるブログです。
産地を盛り上げようという趣旨の元、色々な事に挑戦していく過程をお楽しみください。
皆様よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Copyright © 五泉ニット組合青年部 / Designed by Paroday
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。