日刊 青年部 やろてば篇

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07
 
みなさん
こんにちは。









本日の担当
いのうえです









昨日の五十嵐さんのブログや先日の修吾くんのグログにもありましたが
紡績グループの研修視察、参加したメンバーの方お疲れ様でした。








染色グループ・紡績グループ共にこの夏は個々のスキルUPに繋がる活動ができたみたいで
大変、よかったと思います。 (何?その上から目線的発言は・・)









これを基に次回の第4回 新大農学部との共催イベント「糸を紡ぎ 絆を編む」
がんばっていきましょう!!









さて、今回はみなさんに 嬉しい報告 です。





ご存知の方もいるかと思いますが、ついにコットンボールが弾けて
綿の収穫ができました








吉田先生から8月30日に連絡頂いていたのですが・・・







TVでは丁度、台風が東日本を縦断する予報でしたので
こりゃ大変だと思いつつ、吉田先生にTEL。






9月2日 天気もよかったので行ってきました。
村松ステーション!






急な連絡にも関わらず、現場には吉田先生&スタッフの生徒2名。
そしていつもイベントの手伝いをしてくれている大学院生1名の姿が・・
”よろしく、お願いします!”







私を含めた5名の収穫部隊が目指すものは。
いざ、圃場へ・・・






真岡綿
こちらが”和綿”










アップランド
こちらが”洋綿”








さすがに岩渕さんの畑を見学させてもらった直後では 小ブリで寂しい感じがありましたが
(意外と綿花の栽培は手間隙の掛かる作業であることを感じました。)






しかし!
我々が今年、初の挑戦で綿が収穫できるまでに至ったことは参加者、スタッフみんなの努力の賜物でしょう!








近くでみると・・・





真岡2
”おっ!ありました コットンボール。”
 (ただ、虫の被害が尋常じゃない!)




オーガニックコットンも楽じゃないです







そしてお待ちかね・・・






綿
”ジャ~ン









では、収穫しましょう!








収穫
”今回、収穫したのは 和綿です”
今回はこのザル1/4位の収穫ができました








ただ、足元にはすでに落下してしまった綿もチラホラ








これは時間と天気を見て、収穫作業をしなくてはなりませんね。








一方、洋綿はというと・・




コットンボール2
”まだ、こんな感じ”(茶色になるのはまだまだ先だなぁ~





洋綿のコットンボールについては、岩渕さんから教えて頂いたのですが・・・


弾けるまでに時間が掛かり、この新潟の地では冬を迎えるのが先とのこと・・
したがって、ある程度で収穫をし、正月頃にコットンボールが弾けるのを待つらしいです。






まだまだ、あちらこちらで花も咲いています。
アップランド開花

最終的には11月頃まで収穫できるそうですが・・






今回は30分くらいの時間で収穫作業を終えることができました。
”みなさん、お疲れ様でした。”







次回のイベントで参加者の方々が少しでもこの体験が出来ればと願っています。
ってゆうか問題は天気だよね~。







もう1つ豆知識。
コットンボールの写真を見て頂くとわかるのですが・・
洋綿と和綿では実の付き方が違うのはなぜでしょう?















答え。


和綿は日本古来の風土に合わせ雨から実を守るために下向きに実をつけ腐らないようになっているそうです。

洋綿は熱帯地域が主なために雨など防ぐ必要がないので上向きに実を付けるそうです。

(今回、岩渕さんのところで得た知識がかなり役に立ちました。)






岩渕さんは草木染めの知識も相当お持ちですので
染色グループのみなさんと合同で勉強会を行っても面白いと思いました。






本当は研修視察報告も行いたいところですが
すでに記載されておりますので
最後に私が撮った研修視察での最高の写真を・・

昼寝
”行きの車でも寝て 昼食後も昼寝をぶちかます 修吾”
(あんた、どんだけ自由人?)




まぁね~
確かにあのゆったりした時間に居ると気持ちいいもんね~
例えるならば、田舎のおばあちゃんの家の縁側でくつろぐ感じ?(んっ!いいのかその例えで。)




それにしても・・
虫が出ていい年した大人達(野郎)が「ギャーギャー」言ってるのはどうなんでしょう?





いや~本当に楽しいひと時でした。





なかなか出来ない体験をいろいろさせて頂きました。
岩渕さん ありがとうございました。






吉田先生も収穫報告を行ってます。(ご覧ください。)






さて。
青年部のみなさんも時間があったら収穫作業を ”やろてば” 






では、11章でまたお会いしましょう

Comment

2011.09.08 Thu 08:10  |  

自由人通り越してるね~

地球人じゃね~な~

  • #-
  • 幹P
  • URL







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://yaroteba.blog76.fc2.com/tb.php/178-2de51160
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

アクセスカウンター

プロフィール

五泉ニット組合青年部

Author:五泉ニット組合青年部

新潟県五泉ニット組合青年部によるブログです。
産地を盛り上げようという趣旨の元、色々な事に挑戦していく過程をお楽しみください。
皆様よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Copyright © 五泉ニット組合青年部 / Designed by Paroday
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。